• 印刷する

テイクオフ:タイ政府の新型コロナウ…

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)が開くオンライン会見で国内の感染状況を日々追う中、先週の会見では胸が締め付けられる思いがした。息子から感染した高齢の男性が亡くなったからだ。

息子はクラスターが発生した違法賭博場で感染し、陽性判定を受ける前に父親の元を訪れていたという。違法行為はもちろん、感染リスクの高い場所を訪れていながら重症化しやすい高齢者と接触していたことに同情の余地はないが、故意にうつしたわけではないだろう。息子は今後、どのような思いで生きていくのだろうか。

市中感染が拡大する昨今、検査で陰性が証明されない限り、感染している可能性がゼロとは言えない。感染しない、させない――。自身や身の回りの人だけではなく、誰かに間接的に悲しい思いをさせないためにも、いま一度気を引き締めて行動していきたい。(香)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(01/15)

市町村レベルの地方選、3月28日に投開票(01/15)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/15)

「BCG経済」を国家目標に 環境重視、産業高度化政策と同列(01/15)

市中感染259人、死者2人(14日)(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

マスクや消毒液の価格統制維持へ、再流行で(01/15)

13人が新規感染、労働者の陽性続く(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン