• 印刷する

コロナ対策、政府予算不足の恐れ=フィッチ

格付け大手フィッチ・グループ傘下の市場調査会社フィッチ・ソリューションズは12日、フィリピンの2021年度の新型コロナウイルス対策向けの予算について、さらに感染が拡大した場合、財源不足に陥る恐れがあるとの見方を示した。財政見通しなどの悪化にもつながると指摘している。

政府は21年度予算として、新型コロナ対策向け予算に2,210億ペソ(約4,795億円)を充てた。ただ予算全体の4.9%にとどまり、国内総生産(GDP)の1.1%に相当する。フィッチは「感染者の急増に対して脆弱(ぜいじゃく)なまま」と指摘した。

21年度の政府予算は12月28日に成立した。歳出総額は前年度比9.9%増の4兆5,060億ペソと過去最大。財務省によると、5,700万人のワクチン調達に750万ペソを割り当てている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:封筒にがっちりと留めら…(03/04)

首都圏北方に空港、電力網 サンミゲル、都市開発を本格化(03/04)

コロナ感染新たに1783人、計58万2223人(03/04)

富士ゼロックス、オフィス向け複合機発売(03/04)

ワクチン接種、民間病院で始まる(03/04)

アストラゼネカ製ワクチン、4日に到着(03/04)

南ア変異株、ワクチンの効果限定的に(03/04)

ワクチン接種第1号、「体調は良好」 (03/04)

韓国と東南アのコンテナ量、1月は6%増(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン