• 印刷する

トップグローブ、ス州28工場全ての稼働再開

マレーシアのゴム手袋世界最大手、トップグローブ・コーポレーションは、操業を一時停止していたスランゴール州の28工場全てが、4日までに稼働を再開したと発表した。

トップグローブは、スランゴール州クランにある外国人従業員寮で新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)「テラタイ」が発生したため、2020年11月17日から同州内の工場の操業を段階的に停止。同年12月20日から段階的に稼働を再開していた。

トップグローブは声明で、「工場やオフィス、従業員寮において社会的距離など新型コロナ対策の標準作業手順書(SOP)の順守を徹底している」と強調した。

「テラタイ」はこれまでで国内最大のクラスターとなっており、今月2日時点の累計感染者数は6,253人に上る。首都クアラルンプールや行政都市プトラジャヤでも同クラスターからの感染者が確認されている。

トップグローブは、4日時点でマレーシア国内に41カ所、タイに4カ所、中国とベトナムにそれぞれ1カ所の計47カ所の工場を操業している。うちゴム手袋工場は36カ所で、年産能力は計900億枚となっている。

同社は昨年11月、スランゴール州の工場の一時停止により、21年度(20年9月~21年8月)の売上高に3%の影響を与えるとの見通しを発表した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューノーマル(新常態…(03/03)

ASEAN加盟国の非難強まる ミャンマー情勢、主要国が自制要請(03/03)

首都圏などで活動制限令緩和 条件付きに移行、地区間移動解禁(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

20年の投資認可額、22%減の1640億リンギ(03/03)

新規感染1555人、2日連続千人台(03/03)

RM1=26.4円、$1=4.06RM(2日)(03/03)

製造業景況感、20年下期に持ち直し(03/03)

2月の製造業PMI、1.2ポイント低下(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン