三峡ダムの20年発電量、世界首位に

長江中流の湖北省宜昌市に位置する世界最大級の水力発電所、三峡ダムの2020年の発電量が1,118億キロワット時(kWh)に達し、世界首位となったことが分かった。南米パラナ川の水力発電所イタイプダムの記録(1,030億9,800万kWh)を4年ぶりに塗り替えた。中国新聞社電、中国日…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

財新サービス業PMI、4月は56.3に上昇(17:31)

UOBで顧客情報流出、なりすまし詐欺で(17:17)

テイクオフ:いつの間にか家にたまっ…(05/10)

ワクチン接種で隔離期間短縮 日本から到着14日、本土は7日に(05/10)

1~4月の貿易額38%増 外需好調で輸出4割超増(05/10)

中国、豪中FTAの解消検討か 豪への報復措置で(05/10)

東京五輪反対論に高まり=中国報道(05/10)

1~3月のサービス貿易、0.5%増の1.2兆元(05/10)

FII、米ウィスコンシン工場を稼働(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン