• 印刷する

フィリピン航空、格安で抗原検査を提供

フィリピン航空(PAL)は21日、新型コロナウイルスの抗原検査を700ペソ(約1,500円)で提供すると発表した。マニラ首都圏パサイ市に開設した検査施設で提供する。

検査は予約なしのウオークイン型かドライブスルー型で受診可能で、搭乗者は出発の2時間前までには検査を受けなければならない。結果は30分以内に判明する。

検査を受けるには、身分証明書とPALの搭乗券、健康状態の事前申告が完了しているかを確認するQRコードの提示が求められる。

南部ミンダナオ島のジェネラルサントス市とブトゥアン市は、到着時に抗原検査の陰性証明の提出を求めている。検査結果は、ジェネラルサントス便に乗る場合は72時間、ブトゥアン便の場合は5日間有効となる。

地場の格安航空会社(LCC)大手セブ・パシフィック航空は先に、空港内の施設で抗原検査を700ペソで提供すると発表していた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:店内に一歩踏み入れると…(06/14)

国内で接種、入国隔離を短縮 16日から開始、施設で7日間に(06/14)

新型コロナ、新たに7302人感染(06/14)

首都圏などの活動制限緩和、屋内施設など(06/14)

感染対策シール、115社に付与=貿産省(06/14)

トヨタ、2年ぶりに販売店開設(06/14)

日本への食肉輸出、対象品目が拡大(06/14)

国鉄の南長距離事業、設計入札など開始(06/14)

4月の政府インフラ支出、反動で45%増(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン