西松屋が海外での販売強化 25年に数十億円へ、卸売り戦略で

ベビー用品専門店の西松屋チェーン(兵庫県姫路市)が海外での販売に力を入れている。2021年1月からは、シンガポールやタイの提携先でベビー・子ども服の販売を開始。展開国はアジア太平洋地域を中心に16カ国・地域に達した。海外戦略の特徴は小売りチェーンらしからぬ「出店しな…

関連国・地域: タイシンガポールオセアニア日本アジア米国
関連業種: 繊維小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

輸出額、単月として過去最高 3月は12%増、非電子が好調(04/16)

不動産投資、年内にコロナ禍前の水準に(04/16)

HSBC現法、「ハイブリッド型」勤務促進(04/16)

配車グラブ、本拠シンガポールでも上場検討(04/16)

車両購入権の割り当て、5~7月は9%減(04/16)

新規感染34人、市中は2人(16日)(04/16)

DBS銀、燃料用石炭企業への融資中止(04/16)

WP保有者の入国困難、政府が感染対策徹底(04/16)

資源パビリオン、環境に配慮したLNG輸入(04/16)

グラブが隣国民放に出資、決済2社統合か(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン