天然ガスの7割を中国とタイへ、国内は3割

ミャンマー政府は2020年度(20年10月~21年9月)、国内の沖合鉱区で産出される天然ガスの5割をタイ、2割を中国にそれぞれ輸出する計画だ。残る3割は国内市場に供給する。イレブン電子版が11月30日伝えた。 20年度には南部タニンダーリ沖のヤダナ、ゾウティカ、イェタグンの計…

関連国・地域: 中国タイミャンマー
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

今週からワクチン接種開始 印から第1弾、75万人分到着(01/25)

ワクチン外交、中印が無償提供競い火花(01/25)

ワクチン購入に寄付続々、助け合いのミャンマー(01/25)

新たに507人の新規感染を確認=23日夜(01/25)

与党、第2次政権の主要人事リストを作成(01/25)

与党、州・管区首相は全て自党から起用へ(01/25)

国軍、総選挙の公正さ示す証拠提示を要求(01/25)

コンドの査察完了で工事再開へ、ヤンゴン(01/25)

パテイン産業都市、年内に第2期が始動へ(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン