• 印刷する

最もよく飲むビールは「ハノイ」、W&S調査

最も頻繁に飲むビールは、国営ハノイ・ビア・アルコール飲料総公社(ハベコ)の「ハノイビール」――。日本人経営のオンライン調査会社W&S(ホーチミン市)が実施したビール消費に関するインターネット調査でこのような結果が明らかになった。

回答者4,451人のうち、ビールを「毎日飲む」と答えたのは6.1%に相当する271人。最も回答が多かったのは「週に2~3回」で、29%に当たる1,289人だった。

最も頻繁に飲むビールは、ハベコの「ハノイビール」で、26.6%の1,184人が答えた。地域別では、ホーチミン市在住者が0.4%と少数だったものの、ハノイ在住者の63.9%、その他省市の21.9%が回答した。

次いで、世界的なビールブランド「ハイネケン」が22.1%(ホーチミン市=29.6%、ハノイ=19.4%、その他=17.5%)、サイゴン・ビア・アルコール飲料総公社(サベコ)の「333」が14.2%(ホーチミン市=20.7%、ハノイ=5.7%、その他=14.9%)で続いた。このほか、シンガポールの「タイガー」は8.3%、サッポロの「サッポロプレミアム」は0.8%から回答を得ている。

■「サッポロ」認知度、HCM市では半数

調査ではまた、サベコの「333」が最も高く認知されているビールブランドであることが分かった。回答者の87.8%に当たる3,910人が回答し、地域別ではホーチミン市が91.9%、ハノイが85.7%、その他の省市が85.8%だった。これに、「ハイネケン」が79.7%、「タイガー」が74.7%で続いた。

サッポロの「サッポロプレミアム」は全体で27.5%にとどまったが、ホーチミン市では52.5%と半数以上に認知されていることが判明。一方、ハノイでは12%、その他では16.8%にとどまった。

調査は14万人近くが登録しているW&Sのオンラインパネル「ビナリサーチ」を通して実施。回答者のうち37.2%が男性だった。年齢別では、21~24歳が33.3%、25~29歳が29.9%、30~34歳が16.8%など。リポートはサイト<http://vinaresearch.jp/news/detail.php?ID=50>で確認できる。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染2983人、前日から312人減(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

非現金化、スマホ決済と連携 JCB、利用額シェア20%目標(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

アップルウオッチ、ベトナムで生産計画か(08/19)

不動産大手FLC、株取引全面停止の恐れ(08/19)

FLC傘下BOS証券、取締役が不在に(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン