• 印刷する

【アジアの本棚】『チャイナドールズ』

本欄は何といっても「アジアの本棚」なので、たまには日本語以外の本も紹介してみたい。各国で書店を回っていると、日本ではあまり知られていないがアジアでは有名な作家の存在が分かる。

今回紹介する『チャイナドールズ』(英ブルームズベリー、2014年)の女性作家、リサ・シーもその一人。香港や東南アジアの空港などで彼女のペーパーバックをよく見掛けるが、日本では翻訳は2~3冊しか出ていないようだ。

1955年生まれで、中国の血が8分の1の中国系米国人。著者の写真を見ると、全く白人の容貌で中国語も話せないようだ。「百度」で彼女のことを検索すると「外見上はもはや中国人の血筋の痕跡はない」ということだが、本人は華人意識を持っており鄺麗莎(コウレイサ)という中国名もあるという。アジア人女性の物語を得意としており、本作もその一つだ。

本作の主人公は、38年に米サンフランシスコで開業したナイトクラブ「フォービドゥン・シティ(紫禁城)」のショーダンサーに応募してきた3人の東洋人女性。80年代まで続く彼女たちの長い愛憎を描いた物語なのだが、登場人物が魅力的だ。

チャイナタウンの裕福な家庭出身のヘレン、中西部の白人社会で育ち中国語を話せないグレース、そして奔放で謎めいたルビー。ルビーは、実はキミコという日系人だと後に分かる。すでに日中戦争が始まっていた時代。ヘレンには中国でのつらい過去もあるもののグレースやルビーともども親密になってゆく。

やがて日米開戦の日を迎える中、ルビーは引き続き中国人を装ってショーで活躍するが、ハリウッド映画に出演する寸前まで行ったところで密告により連邦捜査局(FBI)に逮捕され、収容所送りになる。

その後、ルビーは外部に保証人を得て収容所を出るのに成功。ヘレン、グレースとチームを再結成し、戦後まで長く人気を誇る。この間の彼女たちには恋愛も友情も対立もあり、誰がルビーのことを密告したのかという謎解きもあって波乱万丈の日々だ。

後書きを読むと、著者は中国系や日系の人々に幅広く取材しており、実際にルビーのように中国人社会に潜り込んで戦時中を生き延びた日系人は存在したらしい。

そのことを戦後も公にしない人が多かっただろうから、小説の形でしか伝えにくい話だと思う。誰かが邦訳しないかと考えているが、『フェアウェル』のルル・ワンのようなうまい監督が映画化すると面白い作品になるかもしれない。

私は2015年、シンガポールの書店で本書のぺーパーバック版を14.95シンガポールドル(約1,160円)で購入したが、アマゾンのキンドル版では今も同じくらいの価格で購入可能だ。

──────────────────────────────

『チャイナドールズ』

リサ・シー 著、ブルームズベリー

2014年発行 5.99ポンド(約815円)※ 

※購入当時の英国での定価。20年10月20日現在、版元の公式ウェブサイトでの販売価格は8.99ポンド

──────────────────────────────

【本の選者】岩瀬 彰

NNA顧問。1955年東京生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業後、共同通信社に入社。香港支局、中国総局、アジア室編集長などを経て2015年にNNA代表取締役社長。20年3月より現職

※特集「アジアの本棚」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2020年11月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: 中国シンガポール日本米国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪首相、今年中の海外旅行再開に意欲(18:54)

キャラ活用、アジアに普及へ クオン、「世界観づくり」支援も(01/20)

ネット商談で食の輸出を支援 信金中金、まず香港で開始(01/20)

テイクオフ:新型コロナにより中国か…(01/20)

3道県が日本酒の拡販狙う 域内最大市場、試飲企画で(01/20)

日系昇給率、21年は横ばい コロナ警戒続く、NNA調査(01/20)

鹿島の高炉再稼働、自動車需要の回復で=日鉄(01/20)

グリーン戦略の不備指摘、再エネ目標で英大使館(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン