度重なる中国系アプリの禁止 新たに43種、中国政府が反発

インド政府は6月以降、数回にわたり中国系アプリを禁止している。今週に入って新たに43種類を追加したことで、禁止対象は計200種類以上に拡大した。今回禁止となったアプリは電子商取引(EC)の「アリエクスプレス(全球速売通)」や動画共有の「スナックビデオ(快手)」など。…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(01/15)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/15)

スパイスヘルス、変異種特定で空港に解析所(01/15)

20年車販売は23%減の294万台 コロナ打撃、2年連続で前年割れ(01/15)

12月の二輪販売は7%増、5カ月連続プラス(01/15)

車業界、鉄鋼不足で1~3月は最大2割減産も(01/15)

マヒンドラの北米子会社、従業員の半数を削減(01/15)

メルセデス、21年は15モデルの発売を計画 (01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン