明治傘下、持田製薬のEPA製剤を販売へ

明治ホールディングスの製薬子会社Meiji Seikaファルマ(東京都中央区)は24日、タイの子会社タイ・メイジ・ファーマシューティカルが、持田製薬(同新宿区)が開発した高純度イコサペント酸(EPA)製剤「エパデールS900」の輸入販売承認を10月26日付で取得したと発表した。 …

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイでは先週の土曜日(…(01/19)

南部特区、3カ国事業を強調 日本の「本気度」問われる展開も(01/19)

ホテルが遠隔勤務プラン提供 旅行者減で苦境続く、活路を模索(01/19)

食肉革命、植物由来の時代に 地場フューチャーが市場開拓(01/19)

レオパレス21、越法人を中和石油に売却(01/19)

市中感染357人、首都西郊で320人(18日)(01/19)

コロナワクチン、接種は安全性確認後=首相(01/19)

コロナワクチン、大手私立病院も購入準備(01/19)

EV充電料金、今年末まで据え置きへ(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン