• 印刷する

静岡県と専門学校など5者、農業研究で提携

静岡県東南アジア駐在員事務所は13日、農業・食品生産に関する共同研究開発(R&D)や事業化支援で、シンガポールのポリテクニック(国立技術高等専門学校)4校、技能教育研修所(ITE)の計5者と覚書を締結したと発表した。先端農業技術の導入を推進する静岡県の取り組みの一環となる。

ポリテクニック4校の内訳は、テマセク、ナンヤン、ニーアン、リパブリック。5者との連携体制を構築することで、県とシンガポールの研究機関や企業の間で、農業・食品関連のR&Dや事業機会創出を促す国際的なプラットフォームとして機能することを目指す。シンガポールの食料自給率向上にも貢献できるとみている。

覚書には、◇生産性向上に向けた革新的な栽培技術や品種の開発◇開発した技術や製品を世界市場で展開し、事業化するための支援◇研究スタッフや学生の相互交流、インターンシップ・プログラムの実施、実験・栽培管理を担う人材の相互研修――といった内容を盛り込んだ。

静岡県は、2015年に先端農業推進事業「アグリオープンイノベーション(AOI)」プロジェクトを始動。東南アジア事務所はこの一環として、今年3月にテマセク・ポリテクニックと同様の覚書を締結していた。今回は、新たにポリテクニック3校とITEを加え、拡大覚書を結んだ。

静岡県東南アジア駐在員事務所の福田渉所長によると、AOI事業の一環として、東南アジアで同様の共同R&Dで覚書を締結したのはシンガポールだけという。

提携の一環として、今月17日には「第1回静岡・シンガポール・アグリフード・フォーラム(SSAFF)」をオンラインで開催する。両地域から産学官の関係者ら約100人が参加し、農業の生産性や、世界市場における農業・食品技術の移転などについて意見交換する予定だ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新型コロナで変わる人事施策 日系の現地化見通しと人材戦略(17:41)

20年のCPI0.2%低下、4年ぶりマイナス(18:05)

MRTジュロン線の主要機器、米社が受注(18:05)

春節のマレーシア人帰省、コロナで大半断念(18:05)

新規感染44人、全て海外渡航者(25日)(18:05)

テイクオフ:在宅勤務時にオフィスチ…(01/25)

市中感染の増加に警戒心 政府が対策強化、旧正月も控え(01/25)

政府の雇用促進制度、1万4千社が活用(01/25)

高齢者へのワクチン接種、27日から開始(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン