【ウィズコロナ】コンビニ進化、コロナで触発 徒歩で近場配達、便利さ追求続く

新型コロナウイルスの流行がコンビニエンスストアの進化を加速させている。外出自粛などで消費がオンラインへと移行する中、一般人の配達員による徒歩でのデリバリーサービスが登場。人件費削減に加え、コロナ予防のための接触回避という観点からセルフ決済や無人店も増えつつある…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2002年サッカー・ワ…(06/14)

全国警戒レベルを3週間延長 感染者横ばい、新たな措置導入も(06/14)

5月乗用車販売は9万台弱 第2波で大打撃、19年比6割減(06/14)

コロナ新規感染者、5日ぶり400人台(06/14)

韓国銀行総裁、年内の利上げを示唆(06/14)

カカオペイが保険業進出へ、予備認可を取得(06/14)

ハナ銀とLINE、インドネシアでネット銀(06/14)

5月の輸入物価指数、原油高で14%上昇(06/14)

LGU+、京畿道にデータセンター新設(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン