ヤンマー、農機で質底上げを 持続可能な農業へ日系の挑戦(上)

農業機械大手のヤンマーが、ベトナム市場の開拓を進めている。コメ輸出は今年、世界第2位に浮上する見通しで、農機の普及が生産性の向上に貢献している。稲作向け農機具市場は、日系2社がシェアの大半を握る。同社は後発メーカーとして、進出から6年で2割近くのシェアを持つ。…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

ベトナムへの投資支援加速 UOB銀行、11億ドル誘致へ(12/04)

テイクオフ:インドシナ戦争を追った…(12/04)

第3波の追跡急ぐ、市中感染見つからず(12/04)

沖縄企業、淡水化装置をベトナムに輸出(12/04)

ベトナム国鉄、インフラ使用料削減を要請(12/04)

長期滞在希望先、マレーシアが14年連続首位(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

南北高速道、PPP2区間を公共投資へ(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン