• 印刷する

9月の新築住宅価格、上昇は55都市に減少

中国国家統計局が20日発表した全国70都市の9月の新築住宅価格(低・中所得者向け住宅「保障性住宅」を除く販売用住宅)は、前月比で55都市が上昇、8都市が下落、7都市が横ばいだった。上昇都市数は前月から4都市減った。

上昇幅が最も大きかったのは江蘇省徐州の1.4%。下落幅は山西省太原、湖南省常徳、広西チワン族自治区北海が0.4%で最も大きかった。主要5都市はいずれも上昇し、伸び幅は広東省広州が0.6%、上海が0.5%、広東省深センが0.4%、北京が0.3%、天津が0.2%となっている。

前年同月比では59都市が上昇、11都市が下落した。上昇幅が最も大きかったのは寧夏回族自治区銀川の16.8%で、下落幅は安徽省安慶の3.5%が最大だった。

70都市の中古住宅価格は、前月比で50都市が上昇、17都市が下落、3都市が横ばいだった。上昇都市数は前月から3都市増えた。上昇幅が最も大きかったのは徐州の1.3%。下落幅は黒竜江省ハルビンの0.7%が最大となっている。

前年同月比では46都市が上昇、23都市が下落、1都市が横ばいだった。上昇幅は深センの15.7%が最大で、下落幅は黒竜江省牡丹江の9.1%が最も大きかった。

統計局は9月の住宅市場について、全体では平穏な動きとなり、価格の上昇幅は若干縮小したと説明している。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:語学検定を受けるため、…(12/02)

中老鉄路、土地収用長期化で完成遅れも(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

テイクオフ:人は空腹になるとイライ…(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

PHV・EVの選択肢広がる 各社が新型車投入、エキスポ開幕(12/02)

外資系企業、11年ぶりに減少 コスト重荷か、本土系が存在感(12/02)

双日、山東で水素の輸送実験 液体化技術を活用、普及推進(12/02)

6割が一時帰国できず、北京の日系駐在員(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン