• 印刷する

テックファーム、日本産生鮮食品のサイト開設

IT企業のテックファームホールディングス(東京都新宿区)は24日、グループ会社を通じ、シンガポールの消費者に日本産の生鮮食品を届ける電子商取引(EC)サイトを開設した。他のアジアの国・地域でも同様のサイトを展開し、2023年末までに売上高20億円を目指す。

農水産物流通ソリューションを手掛けるグループ会社のWe Agri(ウィーアグリ、東京都中央区)が、ECサイト「Tokyo Fresh Direct(トーキョーフレッシュダイレクト)」を開設した。投資額は約2,000万円。日本産の生鮮食品や加工食品などをシンガポールの一般消費者に直販する。

取扱品目数は、約200品目から開始。年内に400品目に拡大し、将来的には約1,000品目に拡大する計画だ。現在は英語版サイトのみだが、1~2週間以内に日本語への切り替え機能を追加する。

ウィーアグリは、シンガポールの子会社を通じて現地の大手小売りチェーンとのチャネルや流通実績がある。同国は日本産食品の中でも高品質・高単価の生鮮商品を厳選して販売、宅配する潜在需要があると見込んで今回のECサイトの販売先に選定した。

今後は、香港、台湾、タイ、マレーシアなど一定規模の富裕層マーケットが存在するアジアの国・地域でも、同様の越境ECサイトの展開を狙う。

ウィーアグリは、18年にテックファームホールディングスと資本・業務提携。19年に同社の子会社となった。シンガポールに子会社ASEAN―JAPANアグリゲートを構えている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア6カ国の訪日客、9月も9割超減少(19:55)

DBS銀、アジア初の国際決済サービス開始(19:55)

「植物性卵」の米社、アジア初の工場開設へ(19:55)

中心部周辺の工業団地、コロナ下で賃料上昇(19:55)

先端製造業の人材、政府支援で2300人育成へ(19:55)

新規感染12人、全て海外から入国(21日)(19:56)

テイクオフ:中心部のフラートン・ホ…(10/21)

制限解除の第3期に向け行程表 早ければ年内、対策徹底条件に(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン