• 印刷する

テイクオフ:「われわれ黒人から見る…

「われわれ黒人から見ると面白くない。文化を真似するのはいいのですが顔まで黒く塗る必要ありました?」。韓国を愛する外国人としてさまざまな番組に出演し、人気を誇るガーナ人のサム・オチュリさんがSNSに上げた一言でネットが炎上している。

独特な卒業写真を撮ることで有名な高校で、ガーナの伝統葬式の踊りを真似した際に黒塗りの顔が問題となった。彼は「ブラックフェースは黒人を侮辱することになる」と自分のSNSを通じて知らせたかったのだが、人々は「人種差別する気はなく、知らなかっただけ」と逆にサムさんを批判している。

19世紀の米国の番組では、白人が顔を黒く塗って黒人をやゆしていた。彼らにとってブラックフェースの意味はとても深い。「知らずにやったのだからいい」のではなく、問題について一度考え直す努力が必要だったのではないか。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、3日連続で100人超え(09/25)

【ウィズコロナ】「非対面」で代行ロボ続々 出前やホテルで導入、日韓協業も(09/25)

新型コロナ感染、2日連続で100人超え(09/25)

韓国オーディオ製造、越法人の財務改善へ(09/25)

政府が事業転換支援、サムスンDも対象に(09/25)

コンケンの軽量軌道鉄道、韓国が開発を支援(09/25)

KTとタイ地場、データセンター事業で提携(09/25)

韓国CSベアリング、越生産を増強(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン