• 印刷する

グーグル、検索画面に豪競争委への反論

米グーグルが17日、オーストラリアのメディアとのニュース利用料支払い交渉を義務付ける業界規範に反発し、「グーグル検索」のトップページに公開書簡を掲載した。オーストラリア市民に対し、新規範は同社の無料サービスの質を脅かし、利用者のプライバシーをリスクにさらすと警告するもの。一方、規範を作成したオーストラリア自由競争・消費者委員会(ACCC)は「誤報の拡散だ」と批判している。18日付地元各紙が伝えた。

グーグルは書簡の中で、「グーグル検索やユーチューブのサービスが劇的に悪化する」と主張。「個人の利用データが、大手メディアに受け渡される可能性がある。検索結果については、ニュースがほかのコンテンツより優先され、質が低下する」とした。

一方ACCCのシムズ委員長は、グーグルの主張は間違っていると言明。「グーグルがそうしない限り、利用者に課金されたり、データが受け渡されることはない」と説明した。

業界規範は、グーグルと米フェイスブックの交渉力が国内メディアよりも不公平に大きいことを是正する狙いがある。

シムズ委員長は「規範により、オーストラリアのメディアはジャーナリストの報酬について公平に交渉することが可能となる」としている。

検索画面のトップに掲載されたメッセージ(グーグル)

検索画面のトップに掲載されたメッセージ(グーグル)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーで今週、新型コ…(10/15)

豪9月の失業率4.6%、小幅悪化 ロックダウンが足かせ(10/15)

豪の若者、キャリア見通しは楽観も職種再考(10/15)

NSWきょう規制緩和発表か、金券追加配布も(10/15)

NSW州政府、屋外飲食エリアの拡大を支援(10/15)

〔オセアニアン事件簿〕日本人女性、シドニーで飛び降り自殺か(10/15)

VIC感染2千人突破、規制緩和は予定通り(10/15)

豪のバイオ企、コロナ治療薬試験で資金調達(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン