シカゴ穀物、14日は大豆下落

【ニューヨーク共同】14日のシカゴ穀物市場は大豆がおおむね下落した。米国産地で豊作が見込まれるとして需給の緩みが懸念され、売り注文が優勢となった。 トウモロコシは前日の相場上昇の反動で利益確定売りが優勢となり、主要限月が下げた。小麦は空売りの買い戻しが広がり、続…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

JAL、9月11日から北京発成田行き再開(18:31)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

茨城県が食と観光アピール 台北で見本市出展、商談会も企画(08/19)

最低賃金、引き上げ時期が焦点 前倒し求める政府、産業界は反発(08/19)

日本支援の港湾電子システム、試験運用へ(08/19)

テイクオフ:盗まれた桃の被害額は数…(08/19)

穴吹興産、不動産販売に参入 日系初、外資規制緩和で事業拡大(08/19)

見本市をワクチンパス除外へ 入境4日で参加可に、貿発局交渉(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン