シカゴ穀物、6日は小麦下落

【ニューヨーク共同】6日のシカゴ穀物市場は小麦が下落した。世界的な供給拡大への警戒感から売りが膨らんだ。 大豆は米国産地の収穫増加観測を背景に、おおむね下落した。トウモロコシは最近の相場下落の反動で買い戻しが続く一方、米国産の豊作見通しが重しとなり、主要限月が…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】富士ゼロ、越の生産が急伸 21年から北部工場で主力機製造へ(09/24)

テイクオフ:アジアでトップクラスの…(09/24)

全世界から入国再開へ、3カ月以上の滞在者対象(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

SOMPOが「脱石炭」、保険引き受け原則停止(09/24)

トヨタ、SUV「アーバンクルーザー」発売(09/24)

居留許可保持者、ビザ再取得不要で入国可に(09/24)

8月の新車販売、12%減の6.9万台(09/24)

世界販売50万台視野、電池部品開発へ=米テスラ(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン