パーム油大手、コカコーラの工場買収計画

シンガポールのパーム油大手ウィルマー・インターナショナルは、米コカコーラが売りに出している西部トゥアスのボトリング工場の買収を計画している。同工場をチョコレート製造などに活用する考えで、買収額は2,950万Sドル(約22億7,000万円)の予定という。 工場は、政府系の工…

関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもの頃、両親に連れ…(01/26)

【年始インタビュー】新型コロナで変わる人事施策 日系の現地化見通しと人材戦略(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

20年のCPI0.2%低下、4年ぶりマイナス(01/26)

コロナワクチンの副反応も保障、保険7社(01/26)

陸上交通機関の従事者、ワクチン接種開始(01/26)

MRTジュロン線の主要機器、米社が受注(01/26)

本年度の農産品輸出、39%増え14.6億ドル(01/26)

春節のマレーシア人帰省、コロナで大半断念(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン