• 印刷する

テイクオフ:今年2回目の土用の丑(…

今年2回目の土用の丑(うし)の日だった週末、わが家では2年ぶりにウナギのかば焼きにありついた。近くのスーパーで買った特売品。今年は稚魚が豊漁だった影響か、価格は例年より1割前後安い。時々夢に見る名古屋の老舗にはほど遠いが、口の中で身がとろける独特の食感とサンショウの香りを楽しみ、中国産も捨てたものではないと家族を納得させた。

十数年前、中国福建省の養殖場を見学したことがある。経済成長とともに変わる中国人の食事情を追う取材だった。当時はウナギをかば焼きで食べる中国人はほとんどおらず、100%が日本への輸出だと養殖場主は教えてくれた。そういえば、駐在していた北京では見掛けないうな重を食べに、仕事仲間と高速鉄道で天津まで通ったっけ。

今は北京にもうな重を出す店が何軒かある。そのうち、日本に回るウナギはない、ということにはなりませんように。(卓)


関連国・地域: 中国日本
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「祇園精舎の鐘の声 諸…(09/18)

【ウィズコロナ】HIS、学研教室運営に参入 独自ネットワーク活用し相乗効果(09/18)

起業支援の「ルーツ」が始動 5年で百社の投資・専門家支援へ(09/18)

採用意欲、10年ぶり低水準 米社4Q調査、不透明感映す(09/18)

三菱電機、デリーメトロ車両の電機品受注(09/18)

ベトジェット、東京便などの定期運航再開へ(09/18)

8月の自動車生産、30%減の11.7万台(09/18)

京都機械工具、地場RFIDタグ企業と提携(09/18)

ジェトロ、供給網強化の支援で第2回公募(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン