新興宗教団体トップを逮捕、コロナ防疫妨害容疑

【ソウル共同】韓国検察は1日、保健当局の新型コロナウイルスの防疫措置を妨害したとして、感染病予防法違反容疑などで、新興宗教団体「新天地イエス教会」の教主、イ・マンヒ容疑者を逮捕した。韓国メディアが報じた。 同教団では、2月に南東部大邱の教会で礼拝した信徒を中心…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、34人増の1万4423人(14:09)

サムスン、米大手2社から半導体チップ受注(17:01)

韓国造船海洋、今年初のLNG運搬船受注(16:37)

テイクオフ:「お前のこと知っている…(08/04)

徴用工の資産現金化は困難 厳しい交渉今後も、識者に聞く(08/04)

新型コロナ感染者、23人増の1万4389人(08/04)

サムスン電子、国内初の社内コロナ検査所(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン