• 印刷する

テイクオフ:スマホの決済アプリを使…

スマホの決済アプリを使うようになって、毎月の家計管理が楽になった。アプリを開けば消費総額だけでなく、飲食や日用品など分野別に使った金額も一目で分かる。

当地のモバイル決済はアリペイとウィーチャットペイの2大巨頭と言えるだろうが、両社は陣取り合戦のようにライバルの排除に動いている。先週、ある出前アプリが支払い手法を1社のサービスに限定する動きがあった。囲い込みを懸念した当局が、決済大手2社を独占禁止法違反の疑いで調査しているとの地元紙報道も出ている。

自身は最初に登録した1社のサービスばかり使っているが、今後各社の争いが激化すれば、複数のアプリを使う必要が出てくるだろうか。そうなると出費管理が煩雑になり、無駄遣いが増えるかも。独禁法調査の行方を、市場全体を見据えた大きな動きとしてだけでなく、我がサイフという小さな視点からも注目している。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タイ中高速鉄道の建設5契約、来年初め着工(11/27)

ワクチンのコールドチェーン、97%完成(11/27)

スマホ難民の高齢者を救済へ 現金拒否は禁止、2.5億人に配慮(11/27)

華為、台湾企業からの部品調達を再開か(11/27)

中国MG、ステーションワゴンのEV発表(11/27)

21年の祝日発表、春節連休は2月11日から(11/27)

MGモーター、政府のEV走行実験に参加(11/27)

廃棄物の輸入を全面禁止、中央4省庁が通知(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン