養殖上限22年も据え置き、ウナギ稚魚8年連続

【共同】水産庁は17日、養殖池に入れるニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)の上限量に関し、来漁期(11月~2021年10月)に続き、再来漁期(21年11月~22年10月)も21.7トンに据え置くと発表した。韓国、台湾との国際協議で同日までに合意した。上限が実際に維持されれば8年連続と…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

米政府に延期か説明命じる、TikTok禁止で地裁(09/25)

航空機内装品のジャムコ、子会社を清算(09/25)

北スラウェシ―成田に貨物便 ガルーダ、農水産品の輸出拡大で(09/25)

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/25)

【コロナを超えて】鴻池運輸、倉庫で製造業支援 ASEANの物流網でリスク回避(09/25)

奈雪の茶、大阪から日本攻略 1年半で黒字化へ、来春東京出店(09/25)

ANAとJAL、中国路線を一部再開(09/25)

三井物産と日本曹達、農薬企業に出資(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン