NY原油先物市況、16日は3日ぶり反落

【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は3日ぶりに反落し、指標の米国産標準油種(WTI)の8月渡しが前日比0.45ドル安の1バレル=40.75ドルで取引を終えた。 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国が8月から原油の協調減産量を縮小す…

関連国・地域: 日本
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】ヤマト、提案力で供給網確保 非接触の引っ越しなど新たな挑戦(09/23)

パナ家電、8年連続の増収へ 独自の販路戦略、ネット強化せず(09/23)

クールジャパン発信見直し、世界のコロナ禍受け(09/23)

地場航空2社、週9便の国際便を定期運航へ(09/23)

モリソン首相、11月に訪日か コロナ後初の外遊で菅首相と会談(09/23)

8月のスマホ販売46万台、前月比17%減(09/23)

制限令後に転職希望増加、JACがセミナー(09/23)

ワクチンなしで競技可能、IOC会長(09/23)

トヨタ、旗艦スポーツカーの新モデル発表(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン