• 印刷する

テイクオフ:大学の一斉入試「高考」…

大学の一斉入試「高考」が全国で実施された。メディアでは受験生や保護者の様子をルポしたり、受験生を会場へ送り届けるのを手伝った警察官の美談を紹介したりと、今年も高考に関する話題があふれかえっている。大学入試は国を挙げての大イベントなのだ。

科挙の国だけに、中国は学歴信仰がいまだに根強い。そうはいっても一昔前に比べ大学数は増え、各大学の門戸も格段に広がった。大卒者の就職競争は年々厳しさを増し、政府は農村部や地域コミュニティーの末端公務員として新卒者を吸収しようとしている。

今年は新型コロナの影響による休校に加え、高考の開催自体も1カ月延期となり、大きな混乱に見舞われた受験生たち。本当の苦労は4年後に待ち受けているのかもしれないが、今はとりあえずこの関門を突破するのが第一だ。希望の大学へ進めますように。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

入国のファストトラック導入、中越と検討へ(08/11)

テイクオフ:広州の職場近くに「ラッ…(08/11)

交通インフラをスマート化 35年までに推進、リニア整備も(08/11)

7月のCPIは2.7%上昇、食品が値上がり(08/11)

農村からの出稼ぎ者数、ほぼ前年並み回復(08/11)

鉄道の1日当たり貨車数、7月は過去最高(08/11)

生活ごみ分別、23年までに全国の地級市で(08/11)

次期米国大使、中国対抗の必要性を指摘(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン