• 印刷する

飲食店の開業が閉店数上回る、1~5月

香港最大の飲食店情報サイト「オープンライス(開飯喇!)」によると、1~5月に開業した飲食店は1,362店だった。一方、同期に閉店した飲食店は1,238店で、開業数が閉店数をわずかに上回った。6日付明報が伝えた。

開業数と閉店数の底はいずれも2月で、191店がオープン、211店が閉鎖した。直近の5月は開業数が358店、閉店数が260店。

開業数が閉店数を下回ったのは、旅行客の割合が高い繁華街だった。具体的には◇九龍・尖沙咀:開業58店、閉店120店◇香港島・銅鑼湾(コーズウェーベイ):開業37店、閉店68店◇香港島・湾仔:開業33店、閉店45店――など。これに対し、住宅地が広がる新界地区・セン湾(セン=くさかんむりに全)、同・将軍澳、九龍・観塘では、いずれも開業数が閉店数を上回った。

オープンライスの黄鳳鳴マネジングディレクターは、繁華街で閉店が相次いだ問題について、テレワークの推奨や旅行客の減少で繁華街の人出が減ったためと分析。一方、住宅街の人出は変わらず、逆風下でも飲食店の開業を試みる動きが広がったと指摘した。

湾仔に最近開業したハンバーガー店「マッド・バーガー」の店主は、「1日数組だった来店客は数カ月で2桁に拡大した。たとえ感染が再拡大したとしても、来店客が開業直後のような状態に戻るとは考えにくい」と自信を見せた。


関連国・地域: 香港
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

大手日刊紙創業者らを逮捕 国安法違反容疑、メディアで初(08/11)

域内67人含む69人の感染確認、計4148人(08/11)

政府の全市民検査、2週間で700万件可能(08/11)

集合制限令など感染防止策、18日まで継続(08/11)

親中派団体、経済再建へ結束呼び掛け(08/11)

米議員ら11人を制裁対象に、香港巡り対抗措置(08/11)

続落、騰訊やスマホ関連に売り=香港株式(08/11)

財閥CP、香港のオークションサイト買収(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン