• 印刷する

金融最大手DBS、移行ファイナンスを導入

シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングスは、低炭素化への移行(トランジション)に取り組む顧客企業に資金を提供する枠組み「トランジション・ファイナンス」を導入した。同様の枠組みを導入するのは世界初になるという。

トランジション・ファイナンスは、主要産業による低炭素化への移行を支援するために考案された枠組み。DBSは顧客企業が移行のどの段階にあるか、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」に沿った事業戦略を採用しているかを審査し、融資の可否を決める。

関連する取引を「グリーン」「トランジション」「国連の持続可能な開発目標(SDGs)に貢献しているか」の3種類に分類するシステムを採用。衣料生産に再生プラスチックを利用しているなど、適格な経済活動の概要を示すリストも策定する。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの2…(05/10)

1~3月期は大幅増益 大手3行、貸倒引当金減少(05/10)

就労ビザ保有者の入国を規制、日本も対象(05/10)

外国人労働者の雇用奨励金、建設などで増額(05/10)

ワクチンの重大な副反応95件、保健庁調査(05/10)

医療現場の新技術導入、人材不足など障害に(05/10)

シンガポール取引所、AIなどで監督強化へ(05/10)

全世帯の半数近く、電力小売業者に切り替え(05/10)

接触者追跡アプリでの入場拒否、政府が禁止(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン