• 印刷する

金融最大手DBS、移行ファイナンスを導入

シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングスは、低炭素化への移行(トランジション)に取り組む顧客企業に資金を提供する枠組み「トランジション・ファイナンス」を導入した。同様の枠組みを導入するのは世界初になるという。

トランジション・ファイナンスは、主要産業による低炭素化への移行を支援するために考案された枠組み。DBSは顧客企業が移行のどの段階にあるか、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」に沿った事業戦略を採用しているかを審査し、融資の可否を決める。

関連する取引を「グリーン」「トランジション」「国連の持続可能な開発目標(SDGs)に貢献しているか」の3種類に分類するシステムを採用。衣料生産に再生プラスチックを利用しているなど、適格な経済活動の概要を示すリストも策定する。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本との往来制限、9月に緩和 両外相が2つの枠組みに合意(08/14)

金融技術革新に2.5億Sドル拠出=当局(08/14)

DBS銀、建設業向け自動決済システム導入(08/14)

港湾アダニ、シンガポール新会社を設立(08/14)

独商工会、プラスチックのリサイクル促進(08/14)

シンガポール航空、乗務員に早期退職制度(08/14)

サービスアパートで在宅勤務、アスコット提供(08/14)

車両総数の増加率、22年1月まで0%維持(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン