• 印刷する

住友精化、上海に地域統括会社

住友精化(大阪市)は6月29日、上海市の連結子会社、住友精化貿易(上海)(SSTS)を地域統括会社化すると発表した。中国事業の管理機能を集中させることで、事業展開を加速させる。

SSTSの会社形態を中国統括機能を有する「投資性公司」に変更し、新社名を「住友精化(中国)投資(SSCN)」とする。これに伴い、資本金を従来の1億4,500万円から10億円に引き上げる。

中国では上海に技術サービス拠点、江蘇省揚州市に生産拠点を展開しており、これらの拠点を統括会社の傘下に入れる。揚州の生産拠点ではメモリー半導体の製造工程向けやLED部材向けの高純度アンモニアを製造していたが、価格競争の激化により事業の撤退を決定。今後は、電気自動車(EV)向けの製品を製造する計画という。

住友精化は地域統括会社の設置を足掛かりに、中国で吸水性樹脂事業を強化していく考え。10月をめどに中国(上海)自由貿易試験区(上海自貿区)に吸水性樹脂の販売会社を新設するほか、主要顧客が集中する華南地域に技術サービス拠点を設置する予定。


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 自動車・二輪車電機化学その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

9月の製造業PMI、0.5P上昇の51.5(09/30)

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

新型コロナ感染者、515人に(15:17)

プロトンの新SUV、発売前に予約4千台超(19:43)

MGモーター、生産増強に100億ルピー(10/01)

長城汽車、東部の旧GM工場取得で最終契約(10/01)

8月生産者物価、6カ月連続で低下(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン