種苗法改正案、今秋臨時国会で成立目指す

【共同】国内で開発されたブランド果実などを海外へ不正に持ち出すことを禁じる種苗法改正案は17日、継続審議となることが決まった。一部の品種に限って、農家が収穫物から取った種を次の栽培に生かす「自家増殖」に制限がかかることへの懸念が高まり、今国会での成立は見送られた…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

双日、農村デジタル化で調査 通信塔周辺で教育や医療など(11/26)

越新興ライナン、農業革新へ 双日が出資、スマート分野で協業(11/26)

ANA、12月に成田―プノンペン線を再開(11/26)

10月の新車販売、前年並みに 商用車好調で2カ月連続7万台超(11/26)

外国企業の対日投資13%増、コロナでも伸び(11/26)

レクサスEVを東南アに投入 トヨタ、国内で初の電気自動車(11/26)

日中の往来再開30日から ビジネス目的、中国外務省が発表(11/26)

食品輸入規制解決へ協力、二階氏が中国外相と会談(11/26)

ホンダ、「シティハッチバック」を初公開(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン