酒類販売の認可凍結、連邦直轄区相が主張

マレーシアのアヌアル・ムサ連邦直轄区相は1日、飲酒運転による事故増加を受け、酒類販売の新規認可を政府が一時凍結すべきだとの見解を示した。国営ベルナマ通信が伝えた。 同相は短文投稿サイトのツイッターを通じ、「飲酒運転による事故(の増加)を踏まえ、対策ガイドライン…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アフターコロナの「新常…(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

隣国往来再開に日系は関心薄 現時点では利点見えず(07/16)

給与補助金の受給企業公表へ、不正防止策で(07/16)

RM1=25.1円、$1=4.26RM(15日)(07/16)

ス州イオンビッグを一時差し押さえ、係争で(07/16)

MRT1号線の脆弱性指摘、日系も納入(07/16)

空港利用者、7月1~9日は6月末比2倍(07/16)

ホンダ四輪、シャアラムに新3Sセンター(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン