【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に

新型コロナウイルス感染症の流行は、アジアの日系企業各社の業績に大きな影を落としている。2020年1~6月期(上半期)の売上高が前年同期に比べ「減収になる」とみている企業は8割近くに上ることが、NNAが駐在員を対象に実施した調査で分かった。特にインドは97%もの企業が…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンインド日本
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(18:25)

CIPと華城電機、台中港に発電機組立工場(12:01)

日本政府、豪NZの渡航中止勧告引き下げへ(17:48)

テイクオフ:台湾で放送されている日…(09/30)

ANAの成田―プノンペン線、11月も運休(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

8月のメーカー別車輸出、10社中7社が減(09/30)

日本企業に地方政府が熱視線 博覧会開催、各地にモデル区(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン