• 印刷する

釜山港北港の再開発、市が第2段階案を提出

釜山市は27日、釜山港北港の第2段階の再開発事業案を韓国海洋水産省に提出したと発表した。同港は1876年の開港で、施設の老朽化になどに伴う物流機能の大幅な低下が課題として指摘されている。

釜山市は、釜山港湾公社や韓国土地住宅公社(LH)、韓国鉄道公社、釜山都市公社の4機関とコンソーシアムを立ち上げて、港湾区域の再開発のほか、釜山駅の隣の操車場の一部を広場に作り替えたり、ウオーターパークを建設したりするなど周辺地域の統合開発を目指す。2030年開催の万国博覧会の誘致を目指して、釜山駅近郊といった旧市街地の再開発案も盛り込んだ。

釜山市は、海洋水産省と協議して事業計画書を具体化した後、実施計画の策定段階で市民や学界、言論界などからの意見を取り入れ、最終的な事業計画案を確定する計画だ。

釜山港北港の第1段階の事業は、政府主導によるインフラ投資が中心で、一部で市民の目線に合わないとの批判が出ていた。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、33人増の1万3512人(11:22)

現代自の生産方式、1ラインで複数対応へ(16:01)

テイクオフ:朴元淳ソウル市長が自殺…(07/14)

Thacoが輸出拡大、タイに起亜80台輸出(07/14)

海外入国者への防疫を強化 感染拡大、ビジネス往来は推進へ(07/14)

新型コロナ感染者、62人増の1万3479人(07/14)

ラインフレンズ、ゲーム大手ネクソンと提携(07/14)

LGD、ベンツに有機ELパネル供給(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン