テスラ上海工場、米国の流行拡大で一時停止

米電気自動車(EV)メーカーのテスラが、上海工場の稼働を労働節連休(1~5日)明けに一時停止していたことが分かった。新型コロナウイルスの感染拡大で米国からの部品供給が止まったため。上海工場は9日まで操業を停止したとみられる。ネットメディアの澎湃新聞や中国証券網…

関連国・地域: 中国-上海米国
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品金融


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者3人増、北京は1人(17:45)

テイクオフ:上海は梅雨の真っ盛り。…(07/02)

スマホゲーム市場が拡大 今年20億米ドルか、中国が存在感(07/02)

株式市場、コロナ禍でも健闘 上半期、新興市場は大幅上昇(07/02)

車載用コイルの生産倍増へ サガミエレク、来年に第2工場(07/02)

コメ輸出規制が緩和、新型コロナ小康状態で(07/02)

「二制度」の根幹揺らぐ、香港安全法の条文(07/02)

シアヌークビルの発電所、22年までに完成へ(07/02)

財新製造業PMI、6月は51.2に上昇(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン