• 印刷する

テイクオフ:シンガポールでも外出制…

シンガポールでも外出制限が続いている。交代制で在宅勤務を始めたのが2月で、4月からは外出制限措置も相まって、とにかく「おうち時間」が増えている。引きこもることで新型コロナウイルスへの感染リスクは低下しているが、運動不足が懸念だ。

どうしたものかと考えていたが、ここ最近良い解消法を得た。というのも、ヨガ・インストラクターやバレエの先生など、その手のプロフェッショナルたちがオンラインで講座を提供したり、インスタグラムのライブ配信でエクササイズの仕方を教えたりするようになったのだ。日本の地元の同級生にもこうした道で活躍する人がいるため、同窓会気分でストレッチ講座に参加している。

感染終息までまだまだ時間はかかりそうだが、健康に気を付け楽しく日々を過ごしたい。ちなみにラジオ体操も日課になったことを報告しておきたい。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州の生命科学系VC、アジア拠点を開設(07/04)

国内外4社、炭素利用・貯留システムで提携(11:41)

新規感染185人、計4万4664人(4日)(17:05)

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(16:30)

5月の外国人入国者、99.9%減の880人(16:07)

5月の小売売上高、営業禁止で下げ幅最大(16:06)

外国人雇用で意見対立、与野党が選挙討論(15:28)

新規感染169人、計4万4479人(3日)(11:41)

グラブ、独禁法違反で300億ルピアの制裁金(07/03)

阪急阪神不、ハイフォンの物流倉庫に出資(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン