【探訪フィリピン日系企業】南国果物の繊維を紙製品に:マサエコロジカル、タガイタイに工房

マニラ首都圏近郊の保養地タガイタイ市で紙すき技術を使ったインテリアアートが生まれている。マサ・エコロジカル・デベロップメントは同市のバランガイ(最小行政単位)カラスチの工房でバナナやパイナップルの葉から製紙に用いるパルプを生産し、壁紙や壁掛けインテリア、ランプ…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 農林・水産その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

首都圏の外出制限、延長表明 大統領、厳格化に転じる可能性も(07/30)

外出制限、イロイロで最も厳しい措置(07/30)

新型コロナ、新たに5735人感染(07/30)

変異のデルタ株、新たに97人感染(07/30)

ワクチン月2500万回分確保、集団免疫へ(07/30)

全在留邦人に無料PCR検査、1日から(07/30)

内国歳入庁、付加価値税の見送り発表(07/30)

海外出稼ぎ労働者、コロナで40万人超帰国(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン