• 印刷する

《日系進出》ITベンチャーGOLDEX、印同業と合弁

暗号資産(仮想通貨)の基盤技術であるブロックチェーンのシステム開発などを手掛けるベンチャー企業、GOLDEX(東京都品川区)は、インドのIT企業パース・インフォシステムズと、6月に北部ハリヤナ州グルガオンで合弁会社を設立する。同国の仮想通貨取引所やマイクロファイナンス(小口金融)向けに技術を売り込み、初年度にインドで売上高6,000万米ドル(約65億円)を目指す。

8日の発表によると、新会社「GOLDEX・パース・クリプト」を設立する。資本金は100万米ドルで、出資比率はGOLDEXが47.5%、パースが49.5%、日本人の個人投資家が3%。

パース・インフォシステムズが展開する、ネットを通じて個人同士の金銭のやり取りを仲介する「P2P」(ピア・ツー・ピア)サービスに、GOLDEXの分散型取引所の技術を導入するほか、仮想通貨を利用した小口金融アプリも共同開発する。

GOLDEXの坂本和也社長は13日、NNAに対し「インドでは、中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が仮想通貨の取引を禁止したことに対し、3月4日に違憲判決が下され、仮想通貨の取引が事実上、解禁状態になった」と説明。今後に仮想通貨取引の増加が見込まれ、先行者利益を享受できるとの見方を示した。

パース・インフォシステムズは2006年の設立で、グルガオンに本社を置く。ソフトウエア開発やウェブサイトのデザインなどを手掛けている。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

新興投資、上期は2桁減 景気低迷とコロナの二重苦で減少(07/10)

新型コロナ、新興の7割に打撃=FICCI(07/10)

横河電機、日印ファンドへの出資で合意(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

農業インフラ投資への支援策、内閣が承認(07/10)

双日の関連企業、印バジャジの二輪車を発売(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン