• 印刷する

テイクオフ:日本の新型コロナの感染…

日本の新型コロナの感染者数が急増している一方、オーストラリアの新規感染ペースは減速し、累計感染者数もオーストラリアは日本を下回った。

コロナに対するオーストラリア政府の対応は早く、2月初頭には当時感染が拡大していた中国の滞在者の入国拒否を決めた。決断は「困難だったが医学的見地に基づいた」(保健相)とし、その後も矢継ぎ早に感染防止策と経済支援策を打ち出した。拙速だという批判には、「短期間で実現するにはほかの選択肢はない」(金融相)と、時間的猶予がないことを強調した。これらの施策を市民も評価し、移動や事業の制限を発表した首相の支持率も過去10年で最高となった。

一方、日本政府の決断は遅い。随所に忖度(そんたく)も見え隠れする。今回ばかりは政治の強いリーダーシップを願ってやまない。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージー英語といえば、…(07/13)

豪の入国者、きょうから大幅減 NSWなどで隔離が自己負担に(07/13)

VIC州のコロナ患者、7日連続で3桁増加(07/13)

メルボ封鎖、中小企の返済猶予申請も急増か(07/13)

〔政治スポットライト〕日豪、宇宙利用促進で協力覚書に署名(07/13)

三菱UFJ、豪NZで経済・為替展望セミナー(07/13)

ラカイン州のガス田開発、NGOが中止要求(07/13)

豪日通がメルボの倉庫拡充、物流機能を強化(07/13)

家具ニックスカリー、自社株高で同業買収も(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン