• 印刷する

休暇中に貧困層向け食料支給、コロナ救済策

ミャンマー政府は6日、固定収入のない貧困層を対象に、10日から始まる連休の間、食料を無料支給すると発表した。新型コロナウイルス感染症対策の一環。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが7日に伝えた。

支給する食料は、1世帯当たりコメ8ピース(16キログラム)、調理油50ティカル(830グラム)、塩50ティカル、レンズ豆1ビス(1.6キロ)、タマネギ1ビス。中央・地方政府は、遅延や汚職などがなく配給が円滑に進むよう、ミャンマー商工会議所連盟(UMFCCI)、市民団体、ボランティアなどと協力する方針だ。

ミャンマーでは、10~19日がティンジャン(ミャンマー正月)休暇となる。政府は、新型コロナの感染拡大を防止するため、今年は祭りの開催は中止すると決定している。

政府は6日、4月末までの電気料金を一部無料化する方針も明らかにした。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ICJ仮処分対応で初報告 人権団体は「不十分」と非難(05/26)

【ASEAN戦略】徳育や科学実験で市場取り込み 学研、域内で新規進出も検討(05/26)

財政赤字補てん、中銀からの借入比率が減(05/26)

製造業への認可件数が1割増、19年度(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

マグウェー、工場など1000カ所が営業再開(05/26)

治癒者6割超、累計201人のまま=25日午前(05/26)

「アビガン」100人分、日本から引き渡し(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン