公共交通を電気自動車に、35年に全面導入

【北京共同】中国政府が大気汚染を緩和するため、バスやタクシー、郵便配達といった公共分野で電気自動車(EV)の導入を加速させている。2035年には全てをEVにする目標だ。ただ中国は火力発電所による汚染が深刻で、自然エネルギーの活用が課題だ。 中国の工業情報省は3月、…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(06/05)

テイクオフ:作家の三島由紀夫が住ん…(06/05)

日印連携、コロナで加速期待 投資誘致し製造・輸出ハブへ(06/05)

ニコン、タイ・ラオス工場で計700人削減(06/05)

豪とNZ、7月に空路再開か 当初は首都間限定、難局も(06/05)

台塑生医、コロナ検査キットを開発(06/05)

トヨタ、新型「フォーチュナー」など発表(06/05)

日鉄エンジ、廃棄物発電に向けた調査を実施(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン