農産物商社オラム、19年は62%増益

三菱商事が出資するシンガポールの農作物商社オラム・インターナショナルが2月28日発表した2019年12月期決算は、純利益が5億6,410万Sドル(約440億円)となり、前期から62%増加した。一部の部門を除いて業績が好調だった。 大幅増益は不要資産の売却による特別利益も一因。売…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

職場・学校を閉鎖、来週から 経路不明のコロナ感染者増加で(04/03)

「外出時にマスク着用を」=首相が呼び掛け(04/03)

新規感染65人、計1114人(3日)(04/03)

コロナで5人目の死者、高齢女性(04/03)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(04/03)

中小企業の景況感、過去最低の水準(04/03)

企業の半数近くが採用抑制 日系求人も減少、業績悪化で(04/03)

不動産税のテナントへの返還義務化、財務省(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン