五菱現法、国内生産に新型肺炎の影響なし

中国の自動車メーカー、上汽通用五菱汽車(SGMW)のインドネシア法人SGMWモーター・インドネシアによると、中国で新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の流行が拡大する中、西ジャワ州ブカシ県のチカラン工場の生産工程や部品調達への影響はまだ出ていない。26日…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの検査キット、地場企業が開発(04/06)

テイクオフ:新型コロナ対策で政府の…(04/07)

【中進国の罠】人口ボーナスに強みとリスク インドネシア、世界5位の経済国へ(04/07)

今年の新車販売60万台止まりか、協会副会長(04/07)

五菱が工場生産を停止、6日から2週間(04/07)

3千社の119万人が在宅勤務を導入、首都(04/07)

全国で13万人超が自宅待機や解雇=労相(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン