• 印刷する

19年の台湾人出境3%増、日本行きが首位

台湾交通部(交通省)観光局によると、2019年の台湾からの出境者数は前年比2.7%増の1,710万1,335人だった。目的地の国・地域別では日本が首位で、500万人の大台に迫った。

アジアへの出境者数は4%増の1,575万7,473人。このうち日本は1.8%増の491万1,681人となり、全体に占める比率は28.7%、アジアへの出境者数に占める割合は31.2%だった。

韓国は11.3%増の120万9,062人と強く伸びた。一方、中国は3.1%減の404万3,686人で、両地域間の関係悪化や米中貿易摩擦が響いたとみられる。香港も1.2%減の167万6,374人となり、「逃亡犯条例」の改正案に端を発した一連の混乱が渡航者数に影響したと考えられる。

東南アジアは伸びが目立ち、タイ(22.2%増)やフィリピン(34.5%増)、ベトナム(29.5%増)がそれぞれ好調だった。

米州は4.7%減の67万6,520人で、このうち米国は3.2%減の55万978人。欧州は32.4%減の36万3,583人、オセアニアは1.7%増の22万8,135人となった。アフリカは99.8%減の27人。

12月の出境者数は前年同月比5.3%減の119万1,519人。8カ月ぶりにマイナスに転じた。このうち日本は0.5%減の34万3,549人となり、マイナスは7カ月ぶり。ただ人数は首位を維持した。中国は3.6%減の30万6,459人。


関連国・地域: 中国香港台湾韓国日本ASEAN米国中南米アフリカ欧州
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

小売業の売上高が過去最高 1月の商業3業種、卸売も高水準(02/26)

TSMCの世界シェア、1Qは56%に拡大へ(02/26)

AI広告のエイピア、3月末にマザーズ上場(02/26)

慧栄が竹北で新本部ビル着工、24年に運用(02/26)

聯電が環境用途の社債発行、同社初(02/26)

1月のスマホ販売54万台、前月比2.5%減(02/26)

鴻海、米フィスカーとEV生産で覚書(02/26)

鴻華、納智捷と車内浄化システムを開発(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン