• 印刷する

《日系進出》日本語学習のボンド、海外初拠点

ボンドがベトナムに設置した日本語教育センター=ハノイ(同社提供)

ボンドがベトナムに設置した日本語教育センター=ハノイ(同社提供)

日本語学習動画プラットフォームのボンドは10日、ベトナム・ハノイに現地法人を設立したと発表した。同社にとって海外初の拠点だ。日本語教育センター「ボンドリンゴ」の運営などを手掛け、日本への留学・就職の語学学習需要を取り込む。

ベトナム法人を2019年12月に設立した。事業内容は、ボンドリンゴ・ハノイ校の運営とウェブ開発運営、人材事業。ボンドリンゴでは、日本語能力試験や会話、昨年4月に新設された在留資格「特定技能」などのコースを提供する。また、オンライン学習需要にも応える。

ボンドは16年12月の設立で、これまで日本語学習に特化した動画学習プラットフォーム「ボンドリンゴ」の運営やインターネット上のコンテンツ発信などを手掛けてきた。今後は、アジア各国への拠点開設を推進し、オンラインとオフラインを併用した事業を展開していく。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

イオン、日本の食卓への挑戦 越産「万能ナマズ」の出世(下)(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

国内セメント需要、20年は4~5%増の予測(02/19)

HCMメトロ1号線、設備の設置段階に移行(02/19)

和碩がベトナムに子会社、生産分散へ(02/19)

1月の鉄鋼生産・販売が2桁減少、テト影響(02/19)

1人当たりプラ包装消費量17キロ、WWF(02/19)

米金融大手など、LNG火力発電所に融資へ(02/19)

バンドン経済区、地場企業が観光区を計画(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン