《安全》新型肺炎で当局は行政指導、日本は警戒上げ

中国国家衛生健康委員会は、湖北省武漢市を中心に流行している新型のコロナウイルスによる肺炎の診断プラン通達や医療機関向けの予防・抑制指導を相次ぎ実施し、感染拡大阻止と治療強化に当たっている。一方、日本では外務省が警戒レベルを引き上げた。 国家衛生健康委は23日夕方…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの死者1人増、累計3336人に(11:39)

【業界探訪】越と印を主力生産拠点に 東元電機の邱純枝董事長に聞く(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

ロシア国境に野戦病院を建設 輸入感染が急増、陸路国境は閉鎖(04/10)

新排ガス基準「国6」、全面導入を延期(04/10)

コロナ解雇、ホワイトカラーの5割が懸念(04/10)

中国人がコロナ後に訪れたい国、タイは2位(04/10)

オンライン職業訓練、500万人に無料で(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン