《安全》新型肺炎で当局は行政指導、日本は警戒上げ

中国国家衛生健康委員会は、湖北省武漢市を中心に流行している新型のコロナウイルスによる肺炎の診断プラン通達や医療機関向けの予防・抑制指導を相次ぎ実施し、感染拡大阻止と治療強化に当たっている。一方、日本では外務省が警戒レベルを引き上げた。 国家衛生健康委は23日夕方…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

イオン、日本の食卓への挑戦 越産「万能ナマズ」の出世(下)(02/19)

自動車各社がマスク生産 本業再開で自給、設備も自作(02/19)

【スタートアップの挑戦】子ども向けロボット教室展開 FCで3年以内に1000カ所目指す(02/19)

香港などへの渡航制限緩和 比人の出国可能に、出稼ぎ者配慮(02/19)

新型肺炎影響で小売業不振 業界団体、賃料の一部返還要請(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

対米報復関税の除外、全品目で申請受け付け(02/19)

中国軍事基地の建設疑惑、否定する報道も(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン