19年の工作機械受注32%減、3年ぶりのマイナス

【共同】日本工作機械工業会が23日発表した国内工作機械メーカーの2019年の総受注額(確報値)は、前年比32.3%減の1兆2,299億円と3年ぶりに減少した。米中貿易摩擦の影響で、国内や中国などで需要が落ち込んだ。 内需は34.3%減の4,932億円で、5年ぶりに5,000億円の大台を割り…

関連国・地域: 日本
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

AIで離職防止対策など提案 スタートアップ、日系企業に(02/28)

テイクオフ:肺炎を引き起こす新型コ…(02/28)

新型肺炎で家電に品薄の恐れ 部品供給が減少、3月販売に影響(02/28)

抗菌消臭剤の販売開始へ 高橋練染、ヒジャブ女性などに(02/28)

トラック市場、質重視の傾向 販売は半減も日系のシェア急拡大(02/28)

1月の新車販売、8.2%減の7.2万台(02/28)

【アジア三面記事】ドッグはお好き?(02/28)

三菱電機、政府系医療施設で昇降機64台受注(02/28)

オリコが自動車ローン会社買収、中古車強化(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン