松屋のロシア1号店、半年で閉店

【モスクワ共同】牛丼大手の松屋フーズホールディングスが昨年6月に営業を開始したモスクワの「松屋」が昨年12月末で閉店していたことが20日、分かった。松屋によると、売り上げ不振が理由。牛丼チェーンのロシア進出は初めてだった。 松屋は日本食人気を背景に5年で30店舗展開…

関連国・地域: 日本ロシア
関連業種: 食品・飲料サービス


その他記事

すべての文頭を開く

9月自動車輸出40%減少、貿易赤字6228億円(10/21)

日清が即席麺の生産合理化 5ルピー小袋、東部で販売拡大へ(10/21)

電通、銀行データ活用のゴールズ101に出資(10/21)

自動車輸出10月も低迷、復調11月以降か(10/21)

家族向けサービスアパート、首都郊外に開業(10/21)

ガソリン7年ぶり高値、164円60銭(10/21)

明電舎、変圧器メーカーの100%子会社化完了(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン