《安全》武漢の肺炎、日本で初の感染者

湖北省武漢市で発生している新型のコロナウイルス性肺炎をめぐり、日本の厚生労働省は16日、武漢に滞在歴がある神奈川県居住の30代の男性が新型のコロナウイルスに感染したのを確認したと発表した。日本国内で患者が確認されたのは初めて。男性は中国人との報道もある。厚生労働省…

関連国・地域: 中国-湖北日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

武漢が交通機関停止、中国の感染者571人に(11:44)

保健省、武漢市への渡航自粛呼びかけ(13:35)

テイクオフ:春節(旧正月)を前に、…(01/23)

中国企業、コンポンスプー綿産業へ投資検討(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

新型肺炎が拡大、発症者440人 13省区市で確認、死者9人に(01/23)

新型肺炎、香港で高度の感染疑い(01/23)

肺炎でマスク需要急増、メーカーは続々増産(01/23)

主要3空港の旅客数、19年は10%増(01/23)

武漢旅行キャンセル、観光業界は柔軟に対応(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン