• 印刷する

マヒンドラEV部門、「シェア事業に注力」

インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)の電気自動車(EV)部門、マヒンドラ・エレクトリックは、今後の事業展開について「個人用ではなく、配車サービスなどシェアモビリティー用に注力していく」方針を明らかにした。パワン・ゴエンカ社長の話として、エコノミック・タイムズ(電子版)が13日に伝えた。

販売競争の激しい個人用EVではなく、企業向けの商業用EVや、駅から最終目的地のいわゆる「ラストマイル」の需要に応える電動三輪車(eリキシャ)事業に力を入れる。韓国・現代自動車は「コナ・エレクトリック」、地場大手タタ・モーターズは「ネクソンEV」など、各社は航続距離(1回の充電で走行可能な距離)300キロ超の個人用EVを発売しているが、ゴエンカ氏によると、商業用EVにはそこまでの航続距離は必要ないという。

M&Mは昨年2月、西部ムンバイを拠点とする配車サービス会社メル・カブスにEV配車サービスアプリ「グリッド(Glyd)」を搭載したセダン「eベリト」10台を提供した。また同9月には、タクシー事業を展開する地場メル・トラベル・ソリューションズの株式最大55%を取得することで合意している。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

印M&M、双竜自の持ち株比率引き下げか(08/12)

石炭貨物オーリゾン「本年度は石炭需要減」(08/12)

テイクオフ:新型コロナ対策の全土封…(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

政府が農業支援を強化 1兆ルピー基金でインフラ構築へ(08/11)

自動車小売り販売、7月は36%減(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン